掛軸の謎

12 /01 2021


バタバタしているうちに師走になっちゃいました。

昨日も今日もオットの通院。

病院に行くと「ただいま~」と言いたくなります。

ながーい待ち時間はひたすら読書です。

病院に行く日の朝は本選びが唯一のタノシミ。お陰様で本には恵まれて

います。

酒井さんはハズレがありませんね。



↓は図書館②から借りた本。

勉強しないでテストを受けて、今やっと答え合わせをしている感じです。


結論は

こんな細かい仕事、「私にはできない」ということ(笑)

だから読み物として楽しむことにしました。


今まで色々な疑問がありました。

上のほうに付いているピラピラした二本の紐みたいなのは何の為?

上と下の横棒はどうやって本体と貼り合わせられているのか?

少しずつ解明されていくといいなあ。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

通院のお付添、お疲れ様です。
待ち時間ってなんで長いんでしょうね(予約しててもね)i-230

ああ、表具というか表装というか・・・
実家にあるスズメの絵が震災以来破れたまんまになってるのです。
今回はその絵がある部屋に足を踏み入れませんでしたが
見ると切なくなって早く直さなきゃ!と思います。
でもね〜、横長でちょっとでかいのですよ i-229

No title

本を選んで通院の付き添いですね。
そうなんですよね、医療機関って予約して行っても、平気で数時間待ったり、かかったり。
その間はゆったりと気持ちを落ち着けて、本に集中。
長い待ち時間も苦にならずですね。

酒井順子さんの本、双方読みました。
彼女はバブル世代、均等法世代なので、視点に独特なところがあって、面白いです。

えっ、もう作らないのですか!?
寂しいです。
でも手作りなら、まだ茶杓の再チャレンジもありますしね(笑)

No title

自分にはとうてい出来ない。だけど、鑑賞して楽しむことは出来る。
そんなふうにして、うちの相方が、数学や物理の本を毎日寝る前に15分ほど読んでいる姿を12年間見ています。理解が深まっていく様子が伝わってきます。
私は科学の世界で。まるたけさんは表装の世界で。。。いろんな楽しみ方がありますね。

Re: No title

香子さんへ

ご実家には立派な掛軸があるんですね!
雀の絵で横長で大きい・・想像しています。なんとか直したいものですね。
横長の掛軸、私好きだわあ。
本を読んでいると、こんなに手がかかっているんだなあと感心します。

病院、今では待ち時間を覚悟してしっかり読書しています。

Re: No title

スミレさんへ

読書家のスミレさん、さすが両方とも読んでいるのですね。
待ち時間、ずっと前は週刊誌を買っていましたが、今では本を持参して
います。あたりを見回すと、私達世代って割と文庫本とか読んで待っている
ひとが多いです。何を読んでいるのかな?気になります。
みんなカバーつけているので分からないところが残念(笑)
昨日は私よりかなり年上でずっと立ったまま読書している女性がいました。
時々書き込んだりして。待ち時間も色々ですね。

Re: No title

Tomokoさんへ

世の中は自分の知らないことで溢れていて、そのこと自体が私をワクワクさせます。
この歳になっても尽きない興味。掛軸の本を読んで
「はああ、そういうことだったのか~~!」と驚くことばかり。
どんな稚拙なものを見せられても決して否定せず、どこか褒めてくれるお茶の先生
には感謝するばかりです。だから私ってどんどん図に乗るのね(笑)

数学や物理そして科学、不思議のかたまりですね。
そちらの方面にはめっぽう疎いせいか、ただ憧れます。

まるたけ

本と珈琲が大好きな主婦です。