野葡萄と烏瓜

料理
10 /23 2021


近所友とお茶のみした時、茶花について盛り上がりました。

友も花が大好き。

茶花の本を見ながら二人で延々と喋り続けられるくらいです。

「この花瓶いいねえ」

「もとは徳利だってよ」などなど。

散歩しているとき偶然、野葡萄を見つけた話をしました。

それから三日後。

友が息せき切って我が家へ。

「まるたけちゃん、野葡萄ではないけど、カラスウリをもらったよ」と。

なんでも散歩の時ずっと周りの花をキョロキョロ見ていたら、

見知らぬ人から「カラスウリいらない?」って手渡されたのだとか。


こういう時の気持、分かって頂けるかしら?

もう私、嬉しいったらなかったです。

翌日、今度は私が近所で野葡萄を発見♥

早速オットと共に友に届けに行きました。

買ったばかりの小菊も一緒に。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ためしてガッテンを見て作った赤飯です。

「フライパンで20分」に惹かれて。

フライパンが悪かったか、腕が悪かったか、(底にできた)おせんべいの

方が多かったかな。

赤みが足りないと赤飯っぽくないですね。

近いうちに赤飯を作る予定があるので色々試している所です。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

茶花、いいですね~。
そして話していたら現実に現れてくれて。
野葡萄、あのマーブルカラーがなんとも言えず、好きです。
烏瓜、赤い色が華やかで、秋を感じさせます。
次々と手元に届く醍醐味、羨ましい限りです♪

ためしてガッテンのお赤飯、私にはとても作れないです・・。
チャレンジする姿に拍手です!!

Re: No title

鍵コメさんへ

そうそう、カラスウリの花ってレースみたいな花なんですってね。
一度見てみたいものです。
山葡萄のジュースは私も大好きです。いかにも体に良さそうで(笑)
高尾山をぶらぶら歩いてみたい気がしますが、なかなか
時間が見つけられないので近所で我慢しています。

Re: No title

スミレさんへ

スミレさんもいつか野葡萄の花を撮っていらっしゃったような・・
道端で見つけると、つい立ち止まってしまうほど色が綺麗ですよね。
それがね、なんと近所の書店のフェンスに大きなのがあったんです。
実は昨日も眺めてきました。おじさんに「ちょっと分けてもらえませんか」
と聞いたら、あれ自然に生えてきたんだよ、いっぱい取っていって、って
袋を下さったくらい。
枯れてもまた風情がありますね~。
ただ花入れに入れるのは難しいものですね。

No title

我が家も先日たまたまガッテン見ていて、フライパンで炊くお赤飯、
今度やってみようかなという話に。
「なんでもない日、おめでとう!」ってことにして。w
姑どのから貰った耐熱ガラスの重い蓋付のフライパンでやってみようかなと思っています。(炊く時、蓋は重さがある方が良いってコトないですかね?)
お赤飯、自分で炊いたことがないので、果たしてどうなりますやら。

Re: No title

Tomokoさんへ

観ていましたかー。良かったあ。
Tomokoさんもぜひやってみて下さい。お赤飯って美味しいですもん。
お祝いごとがなくても普通に食べたい時がありますよ。
蓋は重さのある方が・・・それも結果を知りたいです。
今まで作ったお赤飯でダントツ美味しかったのが、土井センセイのレシピで
蒸し器を使って作ったもの。これはホント美味しかったです。
でもあの手間は、ちょっと気合を入れないとって感じ。
炊飯器のおこわモードでも普通に美味しく炊けます。
電子レンジって作る、っていうのもあるみたい。
色々トライしてみたい気がします。
で、やっぱりフライパンで20分で炊けたらいいですよね~。

まるたけさま

「カラスウリ」私にも思い出がありまして・・・
散歩中にカラスウリを見つけた私、夜スケッチブックを持って
再び、そこへ。そうなんです、花は夜開く。
植物画を描いていた頃の話です。
もうあの時の興奮状態、尋常じゃありませんでした(笑)

No title

こんにちは! お花を贈り合う間柄ってとても素敵だなあって
こちらもほっこりと、温かい気持ちになりました。
フライパンでお赤飯、つくれるのですか! 私も
やってみようかな・・・。

Re: まるたけさま

朋百香さんへ

わあ、素晴らしい話しを聞かせてもらいました。
一途だったんですね。カラスウリの花が白いって話、この前
始めて知りました。一度見たいです。
私、カラスウリには昔から思い出があって。
話せば長いので、今度朋百香さんにお会いした時聞いて下さいませ(笑)

Re: No title

絵美さんへ

そうなんです。私は豪華な薔薇を貰うより、庭の花を一輪貰った方が
ずっと嬉しいタイプです。
この友達はお茶も好き、花も好き、そんな訳で何時間でも語り合えるの。
お茶の先生に貸してもらった、茶花の本一冊を眺めながら、
紅茶一杯で喋り続けました。
フライパンでお赤飯、絵美さんもぜひぜひトライして欲しいです。
そして実験結果?を教えて欲しいわ。

まるたけ

本と珈琲が大好きな主婦です。