64歳の抵抗

語学
02 /26 2021
勉強を始めた頃はまだ半信半疑。
「わたし、本当にやる気あるの?」と自問自答の日々。
ただのブログのネタ探しじゃないの?!と。

答えを探しながら勉強しています。
そして毎日途方に暮れています。
それでも止められないのってどうしてなんだろう。

私的には英検1級は語彙力が大事だと思っています。
この本、やっと2周目に入りました。時々過去問をやります。
文章中の空欄に入る単語を4択で選びますが、どの単語もまるで初めて
見るような印象です。
正答は25問中、三分の一いくかいかないか・・・。
まるでサハラ砂漠の(行ったことはありませんが)砂を一粒一粒を拾い上げて
いるような作業。はあ・・・



2021022606112549f.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いやいや、チャレンジすることが大事 v-221
そして身についた知識は裏切らないと思います。
いつまでも旺盛な好奇心は認知症予防第一なんじゃないでしょうか?
ワタシも何か見つけようっと♪

Re: No title

香子さんへ

認知症予防・・それっていいですね。予防になってくれると嬉しいです!
コロナ禍でTVを観ながらおやつ食べる日が続き、体にも変化が。
なんだかなあでした。
忘れるのは早いですが覚えるのは大変ですね。
どうやって頭に入れるかそれが問題です。

No title

確かに忘れやすくなっていますね。
こんな問題見たことない!!というのも出て来ます。
でも、勉強は、努力は裏切らないというか、成果は必ずあると思っています。
立ち上がりに時間がかかり、くじけそうになるかもしれませんが、ある時点を超えたら、急に伸びることも。
諦めず、頑張ってくださいね!!

Re: No title

スミレさんへ

励まし、ありがとうございます。
気力はあるのですが、やっぱり13年で確実に体が脳が衰えているんだなと
感じます。そして単語は見事に忘れています。
リセット、殆どゼロからの出発と言っていいかもしれません。
吐き気がするような長文ですが、時々興味深いのがあるんですよ。
回答率は低いですが、長文読解は好きな方です。

No title

64歳の抵抗「やる事」に理由はないと思います
やりたければやり通す。
って偉そうなことを言ってごめんなさい
頭が下がります
頑張ってください
自分に出来ないこと人に期待しています^^

No title

語彙力を増やすって一朝一夕に出来ることではないし、1級のハードルの高さを実感すると気が遠くなるっていう感覚、私も全く同じ状況なので、まるたけさんの心境は本当に良くわかります^^;。

英検は約7割が合格ラインですから、過去問で全問正解を目指す必要はないと思いますし、間違えることで覚えるキッカケにすれば良いと思います。(←実はこれ、自分に言い聞かせてます^^;)
ストレスを溜めないように、楽しみながらお互い頑張りましょう♪

Re: No title

suuさんへ

ありがとうございます。
どこまでできるか分かりませんが、このまま細々とでも続けたいと
思っています。
いつだったか、TVで観ましたが・・・
コロナ禍の過ごし方として、「いつもと違うことに挑戦してみる」という
項目があり、これだ~~~!と閃きました。
閃いたはいいけれど、です(笑)

Re: No title

mariaさんへ

mariaさん、ありがとうございます。
さすが語学のプロ、説得力がありますね。確かにー、と頷いています。
13年前、続けて三回(三年間)受けた時は、毎年受検していただけにその蓄積で
まあまあできたんです。その前は準1級をずっと勉強していましたし。
三回失敗した後、もう受けることはないだろうと他の言語に逃げましたが、
まだ実はくすぶっていたんですね。今回あらためて気づきました。

お互いに、というにはあまりにもおこがましいですが、mariaさんも頑張って
いらっしゃると思うと、励みになります♪

No title

こんにちは! 私も「やることに理由はいらない…」と
書こうとしたら、みなさんすでにお書きになられていて^^;
むしろ、理由もないのにやる、ということは
それだけ「好き」だということの裏返しだと思ったり。
英語はどうなのかわかりませんが、私、学生のとき
「日本語で考えるな、ドイツ語で考えろ」とよく言われました…。
頭の中でいちいち、日本語をドイツ語に訳していてはいけないんですよね。
英検1級も、そういうことが求められるのでしょうか・・・。

Re: No title

絵美さんへ

好きなんですね、英語。
絵美さんにコメント頂いてから色々なことを思い出しました。
初めて聞いた英語は、四歳年上の姉が毎日読んでいた英語の教科書。
私は炬燵に入ってマーガレットかなんかを読みながら、ぼんやりと
聞いていたような気がします。今考えると小泉八雲が日本をことを書いた
文章だったような。毎日毎日聞いているうちに私の方も暗記しちゃったり
して(笑)

ドイツ語といえば絵美さん!
そうですか、ドイツ語で考える。かなり高度な技ですね。
そこまで行けたらどんなにか良いでしょうね。
英語もたぶん同じなのでは。
今、英作文で文章を書くのに、日本語→英語でまず考えます。
これがさっと英語で浮かんだら素晴らしいことでしょうね。
そこまで辿り着くのにはどれだけの努力を要するかと思うと、
気が遠くなります。

No title

 その気力と その気力が湧いてくる対象の「好き」が あることが
とっても 素晴らしいなあ、と 思います。
なかなか できることではありませんもの。

陰ながら 応援しています。

Re: No title

風子さんへ

ありがとうございます。
石川達三さんの「四十八歳の抵抗」という本があります。
私は読んだことはありませんが、高校の時、隣の席の同級生が感想文コンクール
で入賞したのでなんだか印象深いのです。それからずっと「抵抗」という言葉に引っかかています。
停年が55歳という時代に48歳のサラリーマンが自分の生活を振り返り・・・
という筋らしいですのです。
私もあと三か月で前期高齢者の仲間入りをします。だから、64歳の抵抗です。
このまま歳を重ねることになんだか上手く折り合いをつけられません。
常に何かに抵抗したい気持があります。
じたばたしてます。

好きなコトはやっぱり好きなんですね。好きなコトがあってよかったなあって
思います。風子さんは風のようにしなやかで自由で。
そしてお好きなことを楽しんでいらっしゃいますね。

No title

まるたけさん、

英検1級のお勉強なんてほんとにすごいです! 

準1級でもすごいのに!!

でも、サハラ砂漠の気持ちわかります。

私もイタ検勉強やっていたときは、まるで砂浜に落としたコンタクトレンズを探すようなもんだなあと思っていました。

でも当時のイタリア語の先生お2人からは、

日本人の先生「あっさり合格しない方がその分勉強沢山するからいいんじゃないですか」っていう変な励まし(笑)、
イタリア人の先生「試験は逃げないから何回受けても全く問題な~し!」という超ポジティブな励まし(笑)

をもらっていました^^

その時は、単に慰めてくれてるだけかと思っていましたが、後になってつくづくそうだったなあと思いました。

今のまるたけさんのお勉強は、検定だけじゃなくってきっと色んなところで役立つと思います。
お互い愉しくお勉強頑張りましょうね^^

Re: No title

micolさんへ

どちらの先生の励ましもなんだか嬉しいですね。
そうなんです、合格は無理だとしても勉強した事はちゃんと身について
無駄ではないと思うのです。検定だけじゃなく・・・はい、今までも色々な場で
役にたってくれました。映画、海外旅行、街中で。
サハラ砂漠の例え、micolさんもでしたかー。
どの言語でも1級合格するのは至難の技なのでしょうね。
ちゃんと1級合格を勝ち取っているからmicolさんは凄いです!!

まるたけ

本と珈琲が大好きな主婦です。