年賀状

つぶやき
01 /28 2021
一週間くらい前、仙台の友人から突然のメールが来ました。
昨年暮れから入院していた友人のご主人様の訃報でした。
身体が凍り付きそうになりました。
しばらくへなへなとソファに座っていた私。

さかのぼってみると、
今まで45年間、元旦には必ず届いていた友人からの年賀状。
それがいつまでも来なかったので妙に気になり、本人にメール。
「今主人が入院しているので書けなかったの。もうすぐ届くと思うよ」

その返事から10日くらい経っての訃報。ただただ茫然とするばかり。
再婚で駆け落ち同然に結ばれた二人。そのさなかにも確か年賀状は
来ませんでした。

メールだけでは気持ちを伝えらず手紙を書こうと思いましたが、
なかなかペンを取ることができないのです。
手紙は大好きでいつもささっと書き上げるのに、こんなに書けないのは
初めてです。

こんな時はお茶を点てて気持ちを落ち着かせるのが一番ね。
今日はゆっくりゆっくり点てました。
その美味しい事と言ったら。まったりとふっくらと。
腹が据わりました。
上手く書こうなんてするからいけないんだ。
途切れ途切れでも今の私の気持を綴ろう。

机に座り、ラジオをかけたら、これがまたなんというタイミング。
中島みゆきさんの「糸」が流れていたのよ。

縦の糸はあなた 横の糸は私
あうべき糸に出逢えることを
人は仕合せと呼びます

二人の姿が重なりました。






202101281136219f6.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

それは切なくて悲しいですね。
多くを書かなくてもいいような気がします。
それにしてもこういう時期なので
ちゃんとしたお別れができなかったのでは?と心配ですね。
歳を重ねると儀式は儀式であったほうが気持ちが落ち着くので。

Re: No title

香子さんへ

そうなんです。こういう時なので息子さんと二人だけで送ったそうです。
彼女自身も難病を患っているので、何かと心配でね・・・
彼女とは青春時代、朝から晩までずっと一緒に過ごしました。別々の所で
生活するようになってからは一年に一回年賀状を交わすだけでしたが
それが途絶えると無性に気がかりで。
多くは書かなくても・・、本当にそうですよね。
今日やっと手紙を書き終えたら、気持が軽くなりました。

No title

何と言ったらよいのか。
まるたけさんも筆を取っても言葉が見つからないのでは。
心に浮かんだ気持ちを素直に。
なかなか書けないとは思いますが、連絡をいただいた時のお気持ちをまずは認められたら。 そうされたのですね。

一服いただくと結界を作ってくれ、心が落ち着きますね。

Re: No title

スミレさんへ

スミレさん、私も「何と言ったよいのか」分かりませんでした。
今この時期、私がどんな言葉をかけたとしてもそれで悲しみが和らぐとは思えなくて。
それでも私はやっぱり手紙をかかずにはいられないのです。

正直連絡を受けてから気が滅入っていて、ずっとそのことばかりを
考えていました。で、少し気分を変えたくてお茶を点ててみたら、お茶道具を
部準備する段階から気持ちがほぐれていくのが分かりました。
温かいものをお腹に入れたら、チカラが湧いてきて、さ、書くぞって。
スミレさん、お茶って凄いですね。
こんな時でも私を励ましてくれます。

No title

お慰めやお見舞いの手紙って難しいですよね。
気持ちが近ければ近いほど相手の気持ちをあれこれ想像して
書きたい事が上手くまとまらなくて・・・
お茶一服、お茶碗を持つ手もじんわり温まって
香りとお腹の温もりも気持ちをほぐしてくれますね。

これからもお友達の気持ちに寄り添って行かれるでしょうから
まずはお手紙が書けてよかったですね。

Re: No title

phenixさんへ

その通りなんです。彼女はいわば「腹心の友」。もう一人友達がいて
三人いつもべったりくっついて遊んでいました。
仙台の喫茶店で語り合ったあの日々は強烈な思い出です。それゆえ、気持が
まとまらないというか・・・
でも一杯のお茶で覚悟(大袈裟?)ができました。
手紙をかけ終えたら、妙に清々しい気持です。

手紙好きの彼女。学校を卒業してからも数年くらいはずっと文通を続けて
いました。手紙にはこだわります。

No title

辛いメールでしたね
コメントを書く私でも
言葉が見つかりません

お茶ってそういう時のものですね
心を落ち着ける
まずは今の状況を頭の中で整理しないと、、
言葉を選ぶこともできません

Re: No title

suuさんへ

はい、辛かったです。メール、てっきり「退院したよ」だと思っていました。
そして、昨日も今日もご主人と別れたという話を立てつづけに聞くことになり、
なんだかなあ、とちょっと凹みます。
お茶って、そうか、こういう時に心を鎮めてくれるのだなあと
つくづくありがたかったです。

まるたけ

本と珈琲が大好きな主婦です。