英語学習、ゆる~く始めました②

語学
01 /24 2021
昨日はこんな本を買ってきました。
まずは珈琲片手にぱらぱらっとめくって全体を眺めまわしました。
驚いたことが・・・
それは英検の配点が変わっていたこと。
私が受けた時はリーディング45%、リスニング30%、ライティング25%。
今はそれぞれが均等の33%なのだそうです。
はあ、やっぱり英検も変わってきているのだなあ、とため息ついてパタッと
本を閉じました(笑)

英作文でかかせないのが
・社会情勢に関する問題意識
・logical thinking ability

だそうです。
あ、その二つとはかけ離れた世界に生きている私にはまるで他人事の世界の
ような気がします。社会問題より、昼ご飯のおかず、なににしよう?

ということで溜息ついて終わった一日でした。
お終い。


20210124071651841.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ああ、大変そう。
世界情勢?英字新聞取ってないと難しいかしら?
それともワールドニュースを毎日見るとか?
社会問題<<<お昼ご飯 ですよねぇ〜 i-229

業務連絡:KITEEの「岩手のものづくり」本日まででした〜!

Re: No title

香子さんへ

情報ありがとうございました。
「岩手のものづくり」、こんな時でなければ駆け付けましたのに!残念です。
暫く東京には行っていません。東京の美術館とか映画館が恋しいです。

ライティング、ホント大変そうですね。私も他人事です(笑)
英字新聞、このまえ買ってみましたが、字が小さすぎて目が痛かったです。
前のJAPAN TIMESの方がずっと面白かったなあと思いました。
書くのは難しそうですが、問題自体には結構興味があります。
こんな機会でもないと、なかなか社会情勢なんて深く考えることがないかもです。


No title

その昔英検は重箱の隅を突く、落とすための問題ばかりと、早々に止め、国連英検に切り替えました。
まさに問題意識とそれを論理的に喋れるかが中心課題だった検定に思えて。
特Aの1次には受かるのですが、2次はダメで・・・。
まぁ受かれば国連職員の英語試験免除ものだったんですが。
そんな話を後年、英語勉強仲間にしたら、英検も変わり、問題も非常に優れたものになっているよと言われ、時代は変わったな~と。
でももう受ける気力がありません。
まるたけさん、頑張れ!!!

Re: No title

スミレさんへ

国連英検などと言うものがあると知りませんでした。
今さくっと検索。特Aの一次合格なんて、す、凄すぎますよーー!
国連職員の英語試験免除、っていう事は、もう少しで国連職員だったのかしら。
12年ぶりに英検参考書を開いて驚くことばかりです。
英検も進歩していました(笑)
配点が均等ということは、リーディングで点数を稼いでいた私にはさらに
厳しいものになりそうです。準1級は合格したものの、自分ではそれほど実力が
あるとは思えず、2次試験もおまけだったのではと疑いたくなるほどですよ。
野心に向かってがむしゃに頑張っていた頃には戻れません。
純粋に英語をもう少し勉強したい、というとカッコよすぎますが、
やり残したことにもう一度トライしてみたい。64歳の脳はどれくらい
いう事を聞いてくれるのだろうか、興味津々です。

No title

こんにちは! 
社会情勢ですか…思うに、学生時代はそんな
社会経験もなく、情勢にも疎かったけれど
知ろうとする意欲はあったかも 笑
経験をつんでいるはずの今の方が、なんだか情報に
もまれるがあまり、知ろうとしなくなっちゃうのかな、と
自分を省みてそんなことを思いました。

下の記事も拝見しました。私、小松菜大好きです。
いろんな料理に使えるおりこうさん。ひんぱんに
フリージングしています。

Re: No title

絵美さんへ

英会話学校に通っている時の話しなのですが、フリートークの時間が
とても楽しみでした。でもその時私は自分がいかに何事に対しても
問題意識が薄いかを嫌というほど思い知らされました。
TVでニュースを見ていてもそう。ただぼおっと見ているので、後でオットとの
会話も弾みません(笑)絵美さんは仕事上、情報のインプットもアウトプットも同時に
こなされているから、問題意識は培われていると思います。

今日も勉強というより、ざあっと本を読んでいましたが、自分の興味ある
問題には前のめりになります。


「クローン技術は発展させるべきか?」というお題?がありました。
この問題で思い出したのがカズオイシグロさん原作の映画「わたしを離さないで」。
あれはショッキングな映画でしたよ。臓器提供のためだけに生まれてきた子供たち
を描いた映画。ってつい観た映画に結びつけたくなります(笑)

まるたけ

本と珈琲が大好きな主婦です。