テレビで映画

映画
10 /23 2020
最近観た「TVで映画」です。

・「パリの恋人」
  映画の中でオードリー・ヘップバーンが踊るシーンにびっくり。
  シビレます。さすがバレエを習っていた方。キレッキレの動きが見事。
  そして、フレッド・アステアここにあり。ひれ伏したい感じ。
  ファッション的には 女編集長が着ていたコートとフレッド・アステアが
  着ていたコートに惹かれました。パターンを見せて欲しいくらい。
  生地をたっぷり使っていそう。
  フレッド・アステアのコートは裏の赤がチラチラと見え気になっていたら
  それをさっと裏返しにし、闘牛士っぽいダンスを見せてくれました。
  なんてこった!素敵すぎるう。

・「プラダを着た悪魔」
 ごめんなさい、私的にはやはりメリル・ストリープの方に注目して
 しまいます。とか、秘書役の方が好き。

・「慕情」
 香港って行ったことがないので、昔の街の様子など興味深く見ました。
 自伝をもとに、とありましたがむしろ小説の方を読んでみたい気がします。
 関係ないですが、同じようなタイトルで「旅情」もありますよね。
 こちらはもう大大好きで何回も観ています。ヴェネツィアが美しいです。

・「アンという名の少女」
 Netflixです。三周しました。あとは続編を待つばかり。
 ・・・っていうか、続編、あり得るのでしょうか。そうあって欲しいと
 願うばかりです。
  
  

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

『プラダを着た悪魔』はやはりTV放映で見ましたが
理不尽だけど痛快というか 面白いですよね。
ブランド物にはトンとご縁がありませんが
ブランド物にはそれを身につけただけでカッコがつく力があるようで
それ込みのお値段だというお話 i-229
逆に言えばブランド物を身につけたのに垢抜けて見えない時は
そのブランドに魅力がないかららしい…本人はさておいて(爆)

Re: No title

香子さんへ

なるほど、ブランド物って実は凄いのですね~。
そこまで考えて作られているとは。

この映画、女編集長のむちゃぶりが凄いですよね。そこまで要求するか?
みたいな感じでした。今だったら◎◎ハラとか言われそう・・・
前回観た時と印象が変わっていて、秘書の女性とか、苦労して上り詰めた
デザイナーの男性とかに目が行きます。
女の子のサクセスストーリーという点では「パリの恋人」も「プラダ」も
同じですが、ファッションでいえば、ダントツで「パリの恋人」に軍配をあげたい
です。あの頃のテイストが今でも大好きなんです。ジバンシー、お洒落ですね。

No title

TV映画
「プラダを着た悪魔」観ました
私もメリル・ストリープの方に注目です
格好いいです
 秘書役の方も鼻が赤くなった顔がとてもチャーミングでした
何度も観たくなります
女性人気ナンバーワンの映画だそうです

アン まだ来週も見られそうで喜んでいます
本は昨日読み終わりました
マシュウが居なくなって寂しいです

Re: No title

suuさんへ

本の「赤毛のアン」どうでしたか。本の方はもう10年以上読んでいないかも
しれません。ドラマと並行して読んでみたい気もします。
そしてモンゴメリーの自伝をいつか読んでみたいです。
モンゴメリー、訳者の村岡さん、アンをめぐる二人の女性の生涯もまた
私にとっては興味が尽きません。
マシューの存在は大きいですよね。分かります。

「プラダ。。」、ナイジェルが好きでした。苦労人ですもの。
編集長、時々弱気を見せるところに惹かれます。メリル・ストリープ、
役者やなあ、プロやなあ、っていつも感心するんです。

No title

最近は にぎやかなバラエティトーク番組が多くて
うるさくて耳障り 昔の映画 ゆっくり見られていいですね。
もっとしてほしいです。
慕情もずいぶん時代は前ですが素敵でした
音楽がまたいいですね。

旅情もずっと以前見ました
いい映画ですね。

Re: No title

no nameさんへ

そうですよね、最近の民放、うんざりです。
もっぱらNHK,NHKBS、Amazonプライム、ネットフリックスに頼っています。
テレビ命の私なので(笑)
最近の映画もなかなか面白いのが多いですが、いわゆる昔の名作と呼ばれる
映画はやっぱり何回観ても飽きませんね、ストーリーを知っていても、
何回でも観ちゃいます。

まるたけ

本と珈琲が大好きな主婦です。