「女子会料理」その②

料理
01 /30 2020
1月23日の「女子会料理」の追加記事です。
どうもお正月のお節料理を作ったあとは、和食に目覚めます。
いつになく丁寧に作った和食の美味しさ。
また何か手をかけて作りたくなるのです。

持ち寄りパーティーでも、こちらがお招きするときでも、料理のあらかたの
内容をお客様に伝えることにします。
この時は、このメニューのイラストをメールで送りました。
来てからのお楽しみ、っていうのもあるでしょうが、私は前もって伝えるタイプ。
そして「果物、スイーツは気を使わないでください」と。
もっとカジュアルな集まりだったら、それに続けて
「私はワインとサラダを作るのであとはよろしく~」とか。

「こごみ」、食べるのがもったいないくらい。
どうですか、この美しさ。
魚、こんなに丁寧に焼いたことはなかったです。
すり鉢で摺った胡麻の香ばしさ。
うーん。さいこう。

そして春になると袖を通したくなる着物がこれ。
帯はこれを合わせるのが好き。
写っていませんが、半襟は春の花の刺繍(自作)

お客様、あとで「あの帯が素敵だったわあ」と。
「ユザワヤで買ったゴブランで作ったんですよ」と告白?したら
眼をまん丸くして驚いていました。
こちらは自作二部式帯第一号なんです。本通りに真面目に作ったのでした。



20200130044852bc9.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

わわわ、までな仕事〜!
なかなか普段だと気を使わないけど
お客様料理、特にお茶時だとまでになりますよね i-84
ってここまで書いて「まで」って通じますよね?

元旦に煮た黒豆 ←笑ってください
三等分して二つ冷凍庫にしまってちびちび食べてましたが
今最後の分を解凍しています i-229

Re: No title

> わわわ、までな仕事〜!
> なかなか普段だと気を使わないけど

香子さんへ

分からないので、ぐぐってみました。ああ、そう言う意味
だったんですね。県南は難しい~
黒豆、私も消費するのが大変でした。
っていっても、お陰様で色々な食べ方ができましたが。

No title

これまた素敵な女子会・・。
招待状を送ってください・・お願い・・♬

赤い重箱良いはぁ‥。
こごみ・・湯がいて、薄味で煮びたしかなぁ・・。
料理したこと何ので、気になります。

お庭の日陰に、バラン植えませんか・・?
ご飯・お魚の下に敷くと
赤いお重に
お料理が一段と映えますが・・。
我が家、沢山あるので春先に苗送りますが・・
(緑色のと斑入りがあります。)
老婆心が出てしまったかな・・

No title

まるたけさま
凄い、凄い!本格的。美味しそうですね〜。
日本は何でも美味しい国だけど、私はやっぱり和食が
一番好きです。
若草色(?)のお着物も素敵!
そして、自作の帯! 何でも作っちゃうまるたけさん、
尊敬します。

No title

あ、わかりませんでしたか?
やっぱり岩手は広いなあ(笑)
ググってみたら「真面目な」で出てましたね。
ワタシは「丁寧な」って意味で使いました i-179

Re: No title


香子さんへ

いや~、大体のことは分かると思っていましたが、新語?
登場ですね。また新しいのがあったら教えてください。
「丁寧期間」はそう長くはないのです。ほら、お得意の
気まぐれ。

Re: Re: No title


> ほおじろさんへ
>
> 赤いお重、義母からもらったものですが、中が赤いので
> 私のより料理が引き立ちそうです。
> 老婆心、大歓迎~~♪嬉しいです~
> お魚の下に敷いたら、さらに美味しそうに見えるかも。
> 実は、三人いる近所友のひとりから同じような申し出が
> あり、今回はその友にお願いしようかなと思っています。
> 優しいお気持ち、感謝です。

Re: No title


朋百香さんへ

いやいや、和食の味に肥えている朋百香さんにそう言われると
どこかに隠れてしまいたいくらいです。
白和えはよく作りますが、豆腐を裏ごししたことは
ありませんでした。チーズみたいな濃厚な味でしたよ。
いつもは無理ですが、たまには丁寧につくるのもいいですよね。
若草色の着物、単衣です。たぶん麻も少し入っているのでは。
でも春先になると、色に惹かれどうもこの着物に手が伸びます。
義母の姉から貰いました。

すべてのコーディネートが素敵

これだけのことをこなせるまるたけさんって、どんな方なのでしょう・・
お料理を作ってから和服を着られるのでしょう・・どっちかだけでも大変。
お膳も和服もすべてのコーディネートが素敵です。黄色い紬が春らしいですね。
見ているだけでも心が浮き立ちます。

Re: すべてのコーディネートが素敵


カンカンさんへ

要介護3のオットとのつましい年金暮らし。
今の状況で夫婦で楽しめる何か。
それは人様に遊びに来てもらう事なんです。オットも
私も人が大好き。何時でも誰でもオーケーなの。
たまに気取ってこんな料理をこさえるのもお客様が
あればこそ!勉強になることも沢山あります。
着物は料理が済んでから、急いで着付けます。っていうか、
これがあるから料理も頑張れるというもの。
黄色で自分の気持ちを奮い立たせています。

まるたけ

本と珈琲が大好きな主婦です。