バケツリストのアップデート

着物
01 /31 2020
時々バケツリストの見直しを。

・パリに行く
・ポルトガル、スペイン、イタリアのどこかに旅行
・瀬戸内海の島々を見る&スケッチを
・シフォンケーキを上手く焼く
・英検一級に合格
・フランス語検定二級に合格
・息子の結婚式で黒留袖を着る 

はったりも入っています。
でも、こうやって夢を言葉にするだけでも私は充分しあわせ。

最後なんか、私の努力とは関係ないもんね。
関係ないですが姉②の黒留袖にかける情熱は凄かったです。
美容師をやっているし、呉服屋さんとのお付き合いもあるしで、
実際に姪の結婚式で見た時はおおお!とのけ反りそうになりました。
うーん、でも私の好みではなかったかな・・・

もし私が着るとしたら、亡くなった母の遺したものがいいな。
姉①いわく、「なんか地味でぼさっとした柄だった」が一番着たいです。
三回活躍した黒留袖が着たいっ。

でもほら、結婚式でなくても、着るだけだったらいつでもできるのよね。
二枚もあるしね。
さすがにこの二枚にはハサミを入れる気がしませんでした。
秋バージョンもあります。

Kさんのお言葉を借りると
「披露宴帰りのお茶ごっこ」(言い得て妙だわ~)やってみました。




20200131091158e14.jpg
スポンサーサイト



「女子会料理」その②

料理
01 /30 2020
1月23日の「女子会料理」の追加記事です。
どうもお正月のお節料理を作ったあとは、和食に目覚めます。
いつになく丁寧に作った和食の美味しさ。
また何か手をかけて作りたくなるのです。

持ち寄りパーティーでも、こちらがお招きするときでも、料理のあらかたの
内容をお客様に伝えることにします。
この時は、このメニューのイラストをメールで送りました。
来てからのお楽しみ、っていうのもあるでしょうが、私は前もって伝えるタイプ。
そして「果物、スイーツは気を使わないでください」と。
もっとカジュアルな集まりだったら、それに続けて
「私はワインとサラダを作るのであとはよろしく~」とか。

「こごみ」、食べるのがもったいないくらい。
どうですか、この美しさ。
魚、こんなに丁寧に焼いたことはなかったです。
すり鉢で摺った胡麻の香ばしさ。
うーん。さいこう。

そして春になると袖を通したくなる着物がこれ。
帯はこれを合わせるのが好き。
写っていませんが、半襟は春の花の刺繍(自作)

お客様、あとで「あの帯が素敵だったわあ」と。
「ユザワヤで買ったゴブランで作ったんですよ」と告白?したら
眼をまん丸くして驚いていました。
こちらは自作二部式帯第一号なんです。本通りに真面目に作ったのでした。



20200130044852bc9.jpg

私の先生

茶道
01 /29 2020
私のお茶の先生は大変意欲的です。
追いかけるのが大変。
今までボランアティアで行っていた所を減らし、また別なことを始めました。
「近所の人が気軽に参加できるお茶会、一度やってみたいの」
そのとばっちり??が私の方にも飛んでくるから、なんともはや。

それは私が先生に送ったメールから始まりました。
月釜に行ったときのお道具をラフなスケッチにして送ったです。
沈壽官の香合「文箱」で話が大盛り上がりしたので、それを絵にしたのでした。
それを気に入ってくれた先生は、「まるたけさん、あれよかったわよ!
今度チラシを描いてくれませんか」というではありませんか。
自分で自由に描くのはいいのですが、頼まれるのは話が別。
ハッキリ言って苦痛。
それでも先生からの依頼となれば断る訳にはいかず。

こちらは二枚目になります。3月4月向け用。
※タイトルはぼかしてあります。
私が初めて購入した桜の茶碗がモデルになってくれました。

第一回目は今月の初旬に開催。
ご近所の奥様、幼稚園生&ママ、思ったよりも人数が多くて裏方の
私たちは大忙し。ぺいぺいの私まで駆り出されました。でも楽しかった~

次はどんなお菓子にしよかなあ・・・
あれ、もう次の準備しているし。

 
20200129061903157.png

ちょっと一杯

料理
01 /28 2020
昨日は仕事でした。
毎回、朝からプチ緊張モード。無事仕事を終え、スーパーでの
買い物で見つけたのが「セリ」。私、セリのお浸しが大好きなんです。
セリのお浸しには、日本酒よね。
本当に久しぶりにクイっとやりたくなったのでした。
お酒は友人宅でご馳走になった「賀茂鶴」。
こんな小さいタイプもあるんですね~。これにしよ。
春の息吹がバーンと体の中に入ってきます。


20200128064724aec.jpg

新春・自主練習①

茶道
01 /27 2020
お手前の自主練習をしました。 
一ヶ月に一回のお稽古なので、途中で何回かおさらいしないと次回すっかり
忘れてめちゃくちゃなんです。
練習はなるべく着物でやります。昨日は、着物の袖が畳の掃除をしてくれました。
袖が気になって気になって順番もガタガタ。
スマホで動画もとります。
後で確認すると、自分を冷静に観察できます。
お点前がまだまだ頭に入っていないので、常に次の動作を考えている。
挙動不審なおばさんって感じ。

着物は訳アリです。
母に用意してもらったものですが、長男のお宮参りに一度着ただけ。
着物に、興味も、知識も、余裕もなく、着たあとはさっさと仕舞ったのでしょう。
4年後、次男のお宮参りに、と思って開いてみたら、

ぎゃあーーーーーーーーーーーー!!!
あちこちにシミが。

慌てて母に泣きつくと、「すぐ送りなさい」と。
シミ抜きに出してくれたようですが、少しは薄くなったものの、外出に着る勇気は
ありません。染めかえる甲斐性はなし、このまま家で着ることにします。
帯も皴が気になります。柄も若すぎる??
こういうことって自分ではなかなか判断できないです。

半襟はお目出たい柄の刺繍。
帯締めは、頂き物の道明。


2020012709530346b.jpg

新しいカフェ発見

つぶやき
01 /26 2020
人生にはこんなことがあるから面白いのよね。
用事が終わり、自転車で帰宅するとき、いつもはAコースで帰るのに、
その日はなぜかBコースにしたくなりました。
緑の豊かな公園の側を通りたくなったのでした。
横切ってすぐ左に見慣れない建物が!!!
えっ、ナニコレ?!こんなの前はなかったよ。
いつかドアを開けてみたいなあ。

で、昨日車椅子を押して向かいました。
オットの説明をすると「母で慣れていますからお手伝いしますよ」と。
第一関門突破。

中に入ってみると、壁一面の大きな窓に、こんな風景が広がっていました。
もうびっくりです。大きな梅の木、蕾が何個も開いています。
何匹ものシジュウカラが飛んできて、花をついばみます。
お客さんが作ってくれたという餌箱、水飲み場、可愛いですよね。
ずっと見ていても飽きません。
この景色が気に入ってこの土地を選んだのよと、女性店主が。
最高の借景ですよね。梅の満開の頃、もう一度訪ねようと思います。
本当は誰にも内緒にしておきたいカフェ。
いつもと違う道を歩んでみると、思いがけない発見があるものですね。

※新しいブログにあくせく。写真の縮小が上手く行きません。
 昨日できたことが今日できない。
 情けなくなります。


20200126073206bc9.jpg

近所のカフェへ

つぶやき
01 /25 2020
20200125064543138.jpg

「おかあさん、そろそろあそこへ行こうよ」
オットのお気に入りの、近所のカフェ。
今年に入って初めて行ってきました。大きなスーパーはあるものの、なんとなく
うらさびれた商店街。
八百屋も米屋も和菓子屋さんも、みーんな無くなって。情緒がないのよ。
そんな商店街に、二年前、こんなお洒落なカフェがオープンしたのですから
当時は驚きでした。何がいいって、軽快な音楽につつまれていると、ただそれだけ
で気分がいい、とオット。麻痺していない方の足がリズムをとっているのを
見ると、ああ、ご機嫌なんだなと思います。

私は飾ってあるこのコーヒーカップが気に入っていて、ついリクエスト
したくなります。カップで気分が違うってあるよね?
店主がわざわざ九州に行って買い付けてきたのだそうです。

それでもって、あらあら、ネイルを塗り、とっておきのリーバイスのジーンズに
着替えているおばさんがいますよ。こういう気分にさせてくれる場所って貴重。

一緒に行った近所の友人にぽつりと言われました。
「いいわねえ、ご主人とこうやって来られて」
彼女は数年前に連れ合いに先立たれているのです。
ドキッ、としました。






初釜

茶道
01 /24 2020
先日行われた初釜の様子です。
「初釜」、ああ、なんと甘美な響き。やっと夢が叶いました。

考えてみれば、15年くらい前、初めて公民館の茶道教室に行きました。
ところが事情があり、たった三回で挫折。

もう縁がないものと諦めていましたが、ひょんなことから今の先生の所に
通うことに。月一回ののんびりモードですが、実に楽しく学ばせてもらって
います。

着物は先生から頂いた1つ紋の色無地に姉②からもらった袋帯。
慣れない帯ということもあり、帯を締めるのに1時間以上もかかりました。
やれやれ。
そういえば、先生から頂いた時、A4の紙が付いていました。
着物を着た日付、目的が書いてありました。色々な場所で活躍したものだった
のですね。感激しました。私も最後の行に今回の初釜を付けたそうっと。



 

再読

01 /23 2020
お茶の稽古を始めてからこの本を読むと、しみじみ分かる~。
本→映画→本。
この本がますます好きになりました。
森下さんの感受性に震えます。
小三治さんの「解説」も良かったです。
202001231104051eb.jpg

女子会料理

料理
01 /23 2020


女子会料理

60代、70代、80代の女性三人+オットで「女子会」という名の食事会を
しました。「点心」を意識して、メニューを考えました。
・お吸い物    はんぺんをつぶしたものでタラコを包む
         三つ葉 柚子(帆掛け船)
         出汁は、昆布&本だし(単にカツ節買うのを忘れたから)
・ほうれん草の白和え  水切りした豆腐を裏ごししたら、びっくりするほど
            まろやかなお味に
・グラタン柚子釜    正月の残りの蟹、ベーコン、玉葱
・鰤のみそ焼き     グリルで7分、たれを塗ってオーブントースターで2分
・こごみ
・デザート       ブラウニー
         正月に購入した松の器に盛ってみました


 

まるたけ

本と珈琲が大好きな主婦です。