簡単&美味しい

料理
11 /18 2021


(湯気で写真が曇っていますが、)美容院の女性週刊誌で見た炊き込みご飯を

早速作ってみました。

我が家では30分炊き。サツマイモがちゃんと柔らかくなっているかしら?

と半信半疑でしたが、そんな心配はいりませんでした。

サツマイモはほっくほくでした。


炊飯器にこのように縦半分に切ったサツマイモをでんっと乗せます。

後は、ベーコン、コンソメ1個を入れて炊くだけ。

仕上げにバターをいれて混ぜるようですが、私はこのままで充分でした。

でも次はバターまぶしも試してみます。



美容院を変えました。

もう14,5年同じ方にやってもらっていましたが、その方転職されたんです。

同じ美容院の別のスタッフさんに3回くらいやってもらいましたが、

私の説明が足りないのかどうも・・しっくりこないの。


考えに考えましたが、この際、美容院を変えようと。

飛び込みで商店街にある美容院に行ってみました。

も、びっくりです。

カットが素晴らしいの!♥感動ものでした。

「(始めてなので)実はドキドキしました」と最後に注げると

「私もドキドキでした」って(笑)


久しぶりに見た女性週刊誌が割と面白くて読み耽りました。

特に料理特集。

気になる三品を覚えておいて、帰宅してからすぐメモ。

今回の炊き込みご飯もその中のひとつです。


スポンサーサイト



夜明けとともにジャムを煮る

料理
11 /08 2021


土曜日に続き、昨日はお茶の先生ご夫婦をお招きしました。

前日のお赤飯、ケーキが再登場です。

練習を兼ねて、またまた茶碗蒸し。

電子レンジ?蒸し器?まだ模索中です。

冷凍しておいた黒豆もちょこっと。

「あらあらお正月みたいね」と先生喜んでくださいました。

昨日は珍しくお二人から戦中戦後のお話を聞かせてもらいました。

夫婦の歴史ここにあり。

お二人とも、お箸、器を扱う手が美しくて見惚れてしまいました。

まるで、大切に扱われて器が喜んでいるように見えました。


この前先生に差し上げた柚子ジャム、

「美味しかったわー。また次も待っていますね」と言われたので、

昨日から下ごしらえし、朝からぐつぐつ煮ました。


ところで、右端のジャムの瓶。

オーストリアからのお土産の苺ジャムが入っていました。

記念にパシャリ。

砂糖が70%ってこと?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


商店街にある自転車屋さんが店を閉じられ、私はショックを受けています。

先日通りかかったら、店の中がスカスカ。

「どうしたんですか?」と奥様に声掛けすると、

「おじちゃんも88歳だし、もう店を閉じることにしたの。

もう毎晩ケンカよ。おじちゃんはまだまだ仕事をしたいって言うんだけどね

私の体がついていかなくて」

88歳まで風邪ひとつ引くことなく、ずっと自分の好きな仕事を続けられる、

なんて幸せなことでしょう。

そこにあるのが当たり前でいつも普通に通りかかっていました。

が、閉じたシャッターを見るとやっぱり切なくてね。

一度買うと、ボロボロになるまで捨てない私の自転車。


パンクした、籠が曲がってしまった、ブレーキがおかしい、

なんだかんだと私は通っていました。


おじさんとおばさんと街の人たちが集うあの雰囲気につい引き寄せられる、

っていうのもあったのだと思います。

おじさん、おばさん、長い間お疲れ様でした。


赤飯を炊く朝

料理
11 /06 2021

長男の誕生日会の為、昨日から準備をしています。

まずスポンジケーキを焼き、お赤飯用の小豆も煮ておきました。

柿なますも作っておきました。

さっき味見してみましたが、一日経ったなます、味が染みて美味しかったです。

親として、思うところは色々ありますが、

健康で仕事をして、それだけでまずはよしとしなければね。

近所友に作ってもらったおろしたてのエプロンも嬉しいな。

ご近所散策

料理
10 /29 2021

お茶の先生宅にさくっと遊びに行ってきました。

お友達に作ってもらったという椿の刺し子?が素敵でパシャっとさせて

もらいました。なんか真似して作ってみたくなりますね~。

料理の話しをしているうちに、先生、引き出しからレシピの束を出してきて

それを見せて下さいました。

すごーい量!

驚いたのは、料理のレシピの最後には作ったときの感想もちゃんと

記してあったこと。これって大事ですよね。

最近のお気に入りはレンチンのホワイトソースだそう。

「まとめて冷凍しておくのよ」だそう。

早速私も作ってみようと思いました。

帰りには農家さんの露地野菜販売へ。

三人の女性が畑の横の陽だまりでまったりお喋りされていました。

私は大根とほうれん草をお買い上げ。

そして、私は畑の横の菊に釘付け。こちらもお買い上げしようと声をかけたら、

「好きなだけ持っていっていいよ!」と嬉しいお言葉♥

それを聞いて、「じゃあ、私も仏さまに・・・」

次から次に畑に入る三人様(笑)

「あなた、一本じゃなくて二本にしなさい」と助言?まで頂いて(笑)

「食べられる菊だからねー」とのことでした。

そういえば、先生からはお庭のイソギクとサガ菊を貰いました。

野葡萄と烏瓜

料理
10 /23 2021


近所友とお茶のみした時、茶花について盛り上がりました。

友も花が大好き。

茶花の本を見ながら二人で延々と喋り続けられるくらいです。

「この花瓶いいねえ」

「もとは徳利だってよ」などなど。

散歩しているとき偶然、野葡萄を見つけた話をしました。

それから三日後。

友が息せき切って我が家へ。

「まるたけちゃん、野葡萄ではないけど、カラスウリをもらったよ」と。

なんでも散歩の時ずっと周りの花をキョロキョロ見ていたら、

見知らぬ人から「カラスウリいらない?」って手渡されたのだとか。


こういう時の気持、分かって頂けるかしら?

もう私、嬉しいったらなかったです。

翌日、今度は私が近所で野葡萄を発見♥

早速オットと共に友に届けに行きました。

買ったばかりの小菊も一緒に。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ためしてガッテンを見て作った赤飯です。

「フライパンで20分」に惹かれて。

フライパンが悪かったか、腕が悪かったか、(底にできた)おせんべいの

方が多かったかな。

赤みが足りないと赤飯っぽくないですね。

近いうちに赤飯を作る予定があるので色々試している所です。



まるたけ

本と珈琲が大好きな主婦です。