Fukushima 50

映画
03 /12 2021
本日、日テレ「金曜ロードショー」にて放映ありです。
この映画は昨年オットの強い要望で観に行きました。
知らなかった事実に驚愕し、そして感動しました。
個人的には正平さんが良かったわー。


             Fukushima 50 DVD通常版ジャケット写真
スポンサーサイト



好きな映画は何回観てもいいですね

映画
03 /09 2021

最高の人生の見つけ方 [DVD]

アマゾンプライムで観た映画です。
好きな映画は何回観ても飽きないですね。
初めて観たのは映画館。感激はそりゃ大変なものでした。
その後も、3回くらいは観ているかもですが、見るたびにうるうるします。
そして見るたびに新たに感じることが。
今回は、ジャック・ニコルソンの秘書役の男性。淡々と仕事をしているの
だけど、その仕事ぶりがドライのように見えて、実はじんわりと来るんだわー。
その際たるシーンは映画のラストでしょうか。
まだ観ていない人の為にネタバレできないので心苦しいですが、
例の、チョック・フル・オブ・ナッツの珈琲缶ね・・・
ぐっと来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウォーキングその後。
昨年11月から始め、途中三週間ほど諸事情で歩けませんでしたが、
まだ続いています。

こうなったら最低でも桜の咲くまでは頑張るつもりです。
今日はウォ―キング+。
途中でマックに寄り、がっつりと読書してきました。ここだと雑事を忘れて、
集中して本が読めます。途中で止めていたこちらの本。
また続きを読み始めました。

散歩の途中で立ち止まったのは散った椿とコブシの樹の所。
椿は普通に咲いている時とはまた違った趣があってしばし見惚れました。



 
 
20210309165024af1.jpg

カフェで。
202103091650591f8.jpg

ドキュメンタリー映画

映画
03 /06 2021
アマゾンプライムで素晴らしいドキュメンタリー映画を観ました。
昨日初めて観てましたが、今日もまた観てしまいました。
何と言っても、映像の美しさに圧倒されます。1回だけでは物足りない!
スミレさん、紹介して下さってありがとうございます。


農業未経験の若いカップルが、東京ドーム17個分の荒れ果てた土地を
切り開いていく過程に共感しました。いわゆるアメリカの農業と聞いて
思い浮かべるイメージとはかけ離れた農法です。
二人の理想は師と仰ぐ人の「自然と共生する農場」です。
まず取り組んだことは土作り、そして土が豊かになっても次々と起こる困難。
それは自然災害だったり、害獣だったり、害虫だったり。
そのひとつひとつに仲間たちと立ち向かって解決していく姿。
そして沢山の種類の動物たちのいじらしく可愛いことといったら。
農場で繰り広げられる複雑かつ多様な生態系には驚くばかりです。



          ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方


さて、私の小さな小さな庭での変化。
義母からもらって植えておいた水仙に蕾がついていました。
今年は無理だと思っていたので飛び上がるくらい嬉しかったです。
友人にお裾分けした水仙にも蕾があるよ、と報告がありました。
20210307095621b79.jpg


カイドウにもやっと小さい蕾があちこちに。
ジャガイモも近いうちに植える予定です。

20210307095656e4e.jpg

おうち映画祭

映画
11 /21 2020
モリのいる場所 [DVD]

一人で勝手に「おうち映画祭」やっています。
Aマゾンプライムで次から次と、映画館で観たかったものを
観ています。
樹木希林さん、やっぱり良かったわ~。
冒頭の朝食の場面ではくすっと笑ってしまいました。
この樹木希林さんのリアクション、つい「寺内貫太郎一家」を
思い出しましてね。ミヨちゃんがよそったごはんをポーンと
宙に放ると、それをばあちゃんが受け止め、何事もなかったかの
ようにむさぼり食べる、という。あの雰囲気です。
当時31歳で演じた老婆の役、そして今回の
モリの奥様の役。う~ん、どちらもそれぞれ魅力的!
樹木希林さんは見ているだけでしあわせになれる私です。
そしてしつこいですが、この映画のポスターで着ている希林さんの
縞のお着物が大好きです。もう一枚着物を誂えるとしたら、
こういうのが欲しいわ。

そしてこちらも映画館でぜひ観たかった映画。
事実に基づいてに弱い私。最後に実物のモード・ルイスさんが登場
していました。感無量。
モード・ルイスさんの絵好きだなあ。

偶然にも、どちらも絵描きさんの映画でした。
この他、映画「ダウントン・アビー」も良かったです。
テレビドラマの方はなんだか暗くて皮肉っぽい感じに耐えられず
途中で観るのをやめてしまいましたが、こちらの映画の方は
ほどほどのハッピーエンド感に溢れていて、うん、これならOKよ。
テレビの方を見ていないので、人間関係が??
この男誰?状態。若い男性の顔はなんだか皆同じに見える・・




しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス [DVD]

テレビで映画

映画
10 /23 2020
最近観た「TVで映画」です。

・「パリの恋人」
  映画の中でオードリー・ヘップバーンが踊るシーンにびっくり。
  シビレます。さすがバレエを習っていた方。キレッキレの動きが見事。
  そして、フレッド・アステアここにあり。ひれ伏したい感じ。
  ファッション的には 女編集長が着ていたコートとフレッド・アステアが
  着ていたコートに惹かれました。パターンを見せて欲しいくらい。
  生地をたっぷり使っていそう。
  フレッド・アステアのコートは裏の赤がチラチラと見え気になっていたら
  それをさっと裏返しにし、闘牛士っぽいダンスを見せてくれました。
  なんてこった!素敵すぎるう。

・「プラダを着た悪魔」
 ごめんなさい、私的にはやはりメリル・ストリープの方に注目して
 しまいます。とか、秘書役の方が好き。

・「慕情」
 香港って行ったことがないので、昔の街の様子など興味深く見ました。
 自伝をもとに、とありましたがむしろ小説の方を読んでみたい気がします。
 関係ないですが、同じようなタイトルで「旅情」もありますよね。
 こちらはもう大大好きで何回も観ています。ヴェネツィアが美しいです。

・「アンという名の少女」
 Netflixです。三周しました。あとは続編を待つばかり。
 ・・・っていうか、続編、あり得るのでしょうか。そうあって欲しいと
 願うばかりです。
  
  

まるたけ

本と珈琲が大好きな主婦です。